離婚問題ズバッと解決!|慰謝料から親権まで何でもござれ

オフィスレディ

子どもの親権を獲得

Woman

離婚は、双方の同意があれば、届出によって成立します。この場合、子供の親権を夫婦のいずれが持つかについても定めなければなりません。親権とは、20歳未満の子供の監護、養育を行い、財産を管理する権利をいいます。

Read More

慰謝料の支払

Woman

離婚すると様々な問題が発生します。そのなかでもかなり重要になってくるのが金銭的な支払いです。金銭的支払いが求められるケースは慰謝料などがある場合で、支払い問題などがあるのでしっかりと弁護士などを通して取り決めましょう。

Read More

相談が大切

Man and Woman

弁護士を雇っておけば離婚する際に調停や協議を有利に進められる場合があります。雇う前にしっかりとどのような問題で悩んでいるかなどを相談しておけばスムーズに離婚問題などを解決できる場合があるので相談しましょう。

Read More

離婚問題を解決

離婚時の取り決めの重要性について

女性

日本における離婚件数は、戦後は基本的に増加傾向にあります。離婚の形態としては、裁判所を通さずに当事者同士の話し合いによる協議離婚が大多数を占めているといわれています。しかし、真剣などの最低限の事項については協議をしても金銭的な部分についてはあいまいなまま離婚してしまうケースも少なくないといわれています。そのため、後々トラブルになった、りシングルマザー世帯が貧困問題で苦しむ事例も多数あるといわれています。養育費は子供の権利として一緒に暮さない親の側にも負担義務が生じるものですが、慰謝料については相手方に要求できる場合というのは、不貞行為などの夫婦関係を破綻させる原因を作ったケースでないと難しい可能性があります。

慰謝料の相場について

慰謝料の額については、離婚原因を作った側の行為の内容によっても異なるといわれています。浮気が原因とされるケースでも、明確な証拠がない場合では認められない可能性もあります。また、結婚していた年数や相手方の資力に応じても異なることとなります。欧米の富豪のケースや日本でも芸能人の場合は高額な慰謝料について報道されることもありますが、一般の会社員等から支払困難となるような高額な慰謝料を取るようなケースは認められないのが実情です。今後は離婚時の金銭トラブルを避けるために、日本でも欧米のように結婚前に婚前契約を交わすような事例も増加していくのではないかといわれています。また、離婚時には弁護士などを交えてしっかりと財産分与などの金銭問題について法的な手続きを踏んでおくことの重要性が認識されつつあるといえます。